FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.04.30

家の様子3

昨日(4/29)の家の様子。

2階(屋根裏)の天井を張る作業が行われています。
杉の板を一枚一枚貼り付けていきます。

家008


この作業、見た目以上に大変です。

なぜなら・・・

既存の母屋(下写真の色の濃い木ね)の形に合わせて杉板の端部を
切っていかなければならないからです。

家009


当然図面などなく、ちょっと切っては母屋に当てて確認して、
微調整を繰り返さなければなりません。
複雑な部分では、1枚の板を貼るのに1時間ほどかかることも。
地道な作業ですが、丁寧にやっていただいてます。

「最近の家なら、こんな凹凸がないから楽なんやけどねー」とは棟梁の弁。
この作業に10日以上はかかりそうです。

実はこの部分、設計師の方からは、作業効率を考え、母屋の上から杉板を貼りたい、
との提案があったのですが、母屋が見えるようにしてほしい!との僕のワガママで
このような施工になったのでした。

面倒な作業で棟梁には申し訳ないけど、やっぱりこっちの方が趣があると思います。
この記事へのトラックバックURL
http://pekkun.blog60.fc2.com/tb.php/169-da3a63f0
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。