--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.02.28

1/2の騎士

1/2の騎士 (講談社文庫)1/2の騎士 (講談社文庫)
(2010/01/15)
初野 晴

商品詳細を見る



初野 晴「1/2の騎士」をちびちびと読みました。

ここんとこ仕事がかなり忙しくどばっと時間がとれないので、
通勤の電車の中でちびちびと。

いわゆる連作短編というやつでしょうか。
全部で5つの事件が描かれていて、そのひとつづつが短編なのですが、
全体を通しての謎もあって、それがラストで明らかになるという趣向。

ラストで明らかになる謎も、おおっと感嘆するものなのですが、秀逸なのは
短編として描かれる事件の犯人像。その犯罪の手口と動機、性格を考えた
ところで、この小説の成功が決まったように思います。

少しだけ紹介すると、
飼い主の目の前で盲導犬を惨殺する「ドッグキラー」
一人暮らしの女性の家に不法侵入をするが、
何をしているかわからない「インベイジョン」
見えない毒物による無差別殺人を行う「ラフレシア」

などです。
これらの犯人たちと、主人公であるマドカとその騎士であるサファイア
との戦いが描かれます。物語がすすむにつれ、頼もしい味方も増える
ところも、魅力のひとつかもしれません。

おすすめ。



スポンサーサイト
Posted at 01:38 | 小説 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。