FC2ブログ
2006.11.03

狐罠

狐罠 狐罠
北森 鴻 (2000/05)
講談社

この商品の詳細を見る



北森鴻「狐罠」を読みました。

骨董屋が主人公のお話です。
悪徳骨董屋「橘薫堂」に贋作をつかまされた主人公の「旗師」
(店を持たずに骨董の売買を行う人)の宇佐見陶子が、贋作の
プロを使ってニセモノをつくり仕返しをしようとするお話。
そんなところに橘薫堂の外商が殺され、刑事ふたりが動き出す。

続きを読む
スポンサーサイト



Posted at 22:50 | 小説 | COM(3) | TB(0) |