--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.07.19

家の様子6

今日(7/19)は、ヨメ部屋の壁塗り作業をしました。
左官職人さんに漆喰の塗り方を教えてもらいました。


まずは柱や梁に漆喰がつかないよう、養生をします。
塗り厚さ3mm残してマスキングテープを貼っていきます。
テープの粘着力が一番弱いものを使用する、とのこと。
マスキングテープに粘着力のちがいがあったのか。知らなかった。

家018


お次はいよいよ塗り作業。
続きを読む
スポンサーサイト
Posted at 23:46 | 家改修 | COM(4) | TB(0) |
2011.07.08

家の様子5

久々に家の様子をば。

1階のリビングとなる予定のスペース。
もう床は出来上がっているはずなんだけど、資材が置いてあったり
工作機械があったりして、まだまだ工事中感たっぷり。

家016


これは何でしょうか?
たぶん書斎用品かな??

家017


トイレの工事も少しづつ進んでいます。
棚は古材(2階部分の床板とか)をリサイクル。
趣があっていいわー。

家015


こちらは2階の様子。
天井も貼ったし床も貼ったし、2階はほぼ完成かな。
奥が夢の書斎スペース。手前は特に何の利用も考えてない、フリースペース。
どう使うかなぁ。

家014


完成予定日まであと2週間・・・なのに全く終わりを感じさせない我が家。
果たして7月末の引越しに間に合うのだろうか??
請うご期待!!

Posted at 02:19 | 家改修 | COM(0) | TB(0) |
2011.05.21

家の様子4

今週の家の様子です。
まだまだといった感じ。
本当にあと2ヶ月でできるのか!?


柱の引っ張りはまだ続行中。
これまでは敷居から引っ張っていたのでパワー不足でしたが、
今度は基礎コンクリートにうったアンカボルトから引っ張ります。
これでもうちょっとギリギリ締め付けることができます。

家011


お次は北側の庭。
わが家には庭が2つありまして、こちらはリビングに面したほうです。
写真手前が縁側になる部分、奥の方がリビングになる部分なのですが、
板をはずしてしまっているのでスカスカです。
風通りまくり。空き巣入り放題。入ってもなにもないけど。

家012


最後に、西の壁。
西の壁は私道に面しています。
この壁、元はトタンでした。トタンは安っぽいので、ぼくの希望により板壁に。
写真では光が当たって明るく見えますが、焼き板もどきの焦げ茶色です。

家013

Posted at 23:41 | 家改修 | COM(2) | TB(0) |
2011.04.30

家の様子3

昨日(4/29)の家の様子。

2階(屋根裏)の天井を張る作業が行われています。
杉の板を一枚一枚貼り付けていきます。

家008


この作業、見た目以上に大変です。

なぜなら・・・
続きを読む
Posted at 13:05 | 家改修 | COM(0) | TB(0) |
2011.04.27

家の様子2

先週末(4/23)の家の様子です。

座敷の部分は、基礎のコンクリートを打ちました。
右のほうに見える鎖で、柱が傾いているのを修正しています。
土台と柱を鎖でつなぎ、柱を土台側(写真手前側)に引っ張っています。

家004


2階、というか、屋根裏の様子。
白い断熱材が入りました。
先週中に梁や母屋を洗いにかけたようで、いままで白く積もっていた埃がなくなって
キレイになっていました。木の雰囲気が良いです。

家005


玄関からの眺め。
玄関は吹き抜けにしようと思っていて、2階の床板を外しています。
写真右上の壁の漆喰がはがれかけていて、崩れ防止のためテープで止めています。
最終的には、漆喰をはがし、新たに塗る予定。

家006


最後に脱衣所と風呂になるであろう部分。
瓦礫が散乱しており、廃墟のようです。
壁も一部剥がれたりしており、そういうところは補強せねばなりません。

家007



Posted at 01:17 | 家改修 | COM(0) | TB(0) |
2011.04.22

家の様子1

現在の家の様子です。

畳と床板がはがされて、下の土がむき出しになっています。
土のままだと湿気がたまりやすいとのことなので、コンクリートを
打つことにしました。
写真はその下準備として、砕石を敷いているところ。
レーザ光を使って水平をとりながら敷いていきます。

家002


↓の写真は2階(屋根裏?)の様子。
なんだか凄く広く見えるけど、これは天井が低いための錯覚?
床板が薄く、歩くと軋んでいたので、合板の補強板を貼ってもらいました。
この上にさらに、フローリングの板を敷きます。
左側に、取り壊された床や天井に使われていた木材が立て掛けられています。
これらの木材は、使えれば棚板などに再利用の予定。

家003

Posted at 00:48 | 家改修 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。