--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.07.26

鎌倉(大仏編)

連休は鎌倉に行ってきました。
目当ては仏像です。
実はわたし、仏像けっこう好きなのです。

初日は、とりあえずはやっぱり大仏を見に行きました。
こいつは鎌倉の仏像で唯一の国宝だそうです。阿弥陀如来ですね。

仏像好きとしては、まあ、見ておかねばならぬでしょう。
8年前の春にも一度大仏を見ているのですが、今回は夏だからか、後ろの山の存在が
やけに気になりました。この山があるから大仏が引き立つんだなぁ、と思ったしだい。

また、ちょっとうつむき加減なせいか、他の如来さんよりも厳しさがなく、おだやかな表情に見えます。
風雨にさらされて、丸みを帯びているせいかもしれません。
人間も仏像も、年を経ると人(仏)が丸くなるのかも。


↓後ろの山、こんなに青々としてたっけ?やけに近く見えます。
大仏その1

↓横から見たお姿。
大仏その2

↓後ろ姿。ちょっと猫背。
大仏その3


奈良の大仏さんと比較されることが多い鎌倉の大仏さんですが、
奈良の大仏さんが聖武天皇の指令のもと国策として制作されたのに対して
鎌倉の大仏さんは庶民の要望でつくられたため、記録があまり残っていないそうです。

奈良の大仏さんとの比較は、大仏百科にいろいろと載ってるようですよ。


スポンサーサイト
Posted at 01:12 | 仏像 | COM(3) | TB(0) |
2006.04.05

仏像めぐり(奈良)

20060405231849.jpg


週末に、奈良に仏像めぐりに行ってきました。
東大寺→興福寺→円成寺 と巡りました。

東大寺では、大仏は言うまでもなく、法華堂で
不空羂索観音立像を見てきました。

不空羂索観音は、なんといってもそのスタイリッシュな立ち姿が素敵。
腕が8本あって、そのバランスがとてもいい。
立像のなかでも、阿修羅像ならんでカッコいい像だと思う。
http://hukumusume.com/366/world/isan/itiran_kokuhou/063.htm

南大門の金剛力士像もやっぱりいい。
金剛力士像はやっぱり、足とおなかがリアルで良い。
さすが運慶。


興福寺は、やっぱり阿修羅像。
ここの阿修羅像は、その立ち姿と腕のバランスもさることながら、
やっぱり目と眉毛が秀逸だ。まだ幼い、無垢な目と、ちょこっと眉間にしわを寄せた眉毛が、人間の過ちを哀れんでいるようなのです。


もひとつ、印象深かったのが、沙羯羅像。
これも少年の面影で、阿修羅よりもさらに困った顔をしています。
僕はひそかに、「困ったちゃん」という渾名をつけました。

↓阿修羅像、沙羯羅像はこちらから見れます
http://www.kohfukuji.com/kohfukuji/01_index/f_main_d.html


最後に円成寺。
ここはなんといっても大日如来でしょう。
運慶若き日の作品らしいのですが、運慶にはめずらしく、
筋肉や顔の皺などのリアリズムに徹してなくて、それでも、
全体がかもし出す穏やかさはひしひしと伝わってきました。
写真も撮りました(上の写真)が、いまひとつ良く取れていなくて、残念。

今回の主目的は、この円成寺の大日如来だったので、目的を達成して、
かなり満足。奈良はやっぱり良いですねぇ。
また行きたいです。





Posted at 23:48 | 仏像 | COM(0) | TB(1) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。